認定NPO法人になりました。 フェイスブックページ 『NPO法人 日本ボランティアコーディネーター協会』に、いいね!やシェアだけで支援金を届けられます。〜 NPO/NGOを誰でも簡単に無料で支援できる!gooddo(グッドゥ) 〜

JVCAトップ

サイト内検索 
市民の社会参加を支えるプロをめざして
 
ボランティアコーディネーターとは
当協会の紹介
事業内容・実績
出版物・発行物

日本ボランティアコーディネーター協会
〒162-0825 東京都新宿区神楽坂2-13 末よしビル別館30D
TEL: 03-5225-1545
FAX: 03-5225-1563
自然環境を守り命を受け継ぐことのできる持続可能な社会

○わたしのメッセージ その10○

 「命の大切さ」とはなんでしょうか。人が最も大きな衝撃をもって命の意味を考えるのは身近な人の死によってです。それが悲しみや虚しさやつらさです。この意味で、大切な命は、自分の命そのものというより身近な者の命です。したがって、命を大切にするということは、お互いがお互いの存在を大切だと思う関係によって成り立ちます。この結果として自分の命も尊重されます。
  反対に互いの存在を認めず、否定する関係は、命を軽んずることになります。戦争はその最たるものです。命の大切さとは、他者の存在を認めること、人々が出会い、より良い関係をつくりだすことからはじまります。ただしこれは、人間の「命の大切さ」の話です。
  さらに、自然環境を守る「地球にやさしい持続可能な生活」が大切だといいます。しかし、地球の人口は生態系に大きな影響をおよぼす規模になっています。人間が一つの種として、他の生物と対等に種を維持していくことができる人口は、500万人ぐらいといわれます。では「地球に」ではなく、「人間にやさしい持続可能な生活」をと考えても、生きていけるのは、現在の人口の6分の1ぐらいだといわれます。環境問題を考えるとき、私たちは「やさしい」などことばのイメージに惑わされ、簡単に答えのだせない課題について、考えることをやめてしまっていないでしょうか。
  人間の命だけでなく、すべての命はかけがえのない大切なものだといいます。しかし、その命を生みだしたのは宇宙の物質とその営みです。命の起源と環境の意味を問いつづけることのできる、人と人の関係を紡ぐ社会を築いていきたいものです。

池田 幸也
常磐大学教授


講師派遣
ボランティアコーディネーション力検定
発行・取扱書籍
ボランティアコーディネーター研究集会
東日本大震災に対するJVCAの支援活動
ボランティアコーディネーターのための知恵袋
ニュース&トピックス カテゴリ別
Internaional Volunteer Managers' Day

11月5日は、国際ボランティアマネジャーの日です。
JVCAは、この運動に賛同しています。
© 特定非営利活動法人日本ボランティアコーディネーター協会